大阪府豊中市の司法書士・行政書士事務所[不動産登記申請・相続・売買/商業登録登記申請など]

不動産登記申請

不動産登記の基礎知識 〜不動産登記法総則〜

なぜ不動産登記が必要なのか?
不動産登記は(表示登記を除いて)するしないは自由です。では、なぜ皆さんは不動産登記をするのでしょう?

例えば、BさんとCさんがAさんから同じ不動産を買いました。この場合、BさんとCさんのどちらが所有者となるのでしょうか?
答えは「先に登記をした方」です。これを「不動産登記の対抗 力」といいます。不動産を購入した人が必ず登記をするのはこういった理由があるのです。


不動産登記をするのに税金がかかるって本当?
不動産登記をする際には「登録免許税」という税金を納めることになります。
詳しい税率などは各則で説明します。

不動産登記の種類と手続方法 〜不動産登記法各則〜

相続による所有権移転登記(相続登記)
亡くなった人(被相続人)が生前所有していた不動産を、その人の配偶者や子どもなど(相続人)に名義変更する手続です。被相続人の出生から死亡までの戸籍と相続人の現在の戸籍で相続関係を確定し、具体的な不動産の分配を遺産分割協議書などで決定してから申請します。

当事務所では登記の申請代理だけでなく、戸籍の徴求から協議書などの書類作成まですべて代行いたします。
※登録免許税・・・国定資産税評価額×0.4%

売買・贈与による所有権移転登記
売主(贈与者)と買主(受贈者)が共同で登記申請をします。

当事務所では双方からの申請代理を受任し、必要書類などはすべて当事務所の指示に従ってご用意していただきます。安心してお任せ下さい。
※登録免許税・・・固定資産税評価額×2%(売買の場合は土地のみ1%)

所有権保存登記
建物を新しく建てた時に必要となる登記です。
まずは土地家屋調査士に表示登記をしてもらう必要がありますが、当事務所では土地家屋調査士の紹介も行いますので、気軽にご相談下さい。
表示登記完了後に所有権保存登記の申請をします。
※登録免許税・・・価格認定基準表による課税価格(評価額がない場合)×0.4%
所有権登記名義人表示変更登記
所有者の氏名や住所が変わった時に行う登記申請です。
※登録免許税・・・不動産の個数×1,000円
抵当権設定登記
金融機関などから借入れを受け、不動産を担保にする場合の登記申請です。
※登録免許税・・・債権額×0.4%
抵当権抹消登記
金融機関などへの支払いが終わり、不動産が担保となっている状態を解除するための登記申請です。金融機関は必要書類をくれるだけで登記申請をしてくれるわけではありません。
抵当権の抹消でお困りの方はいつでも当事務所までご連絡下さい。
※登録免許税・・・不動産の個数×1,000円
不動産登記に関する
ご質問・お問い合わせはお気軽にどうぞ!
相続・売買・贈与・抵当権抹消・所有権保存 など・・・
私たち、専門家にお任せ下さい!

お見積大歓迎!
無料でお見積のご依頼を承ります。
まずはご連絡下さい!
フリーダイヤル 0120-18-0925
TEL:06-6853-5856
このページのTOPへ